FC2ブログ

キャバリア様

数年前に話題となった キャバリアに多い キアリ様奇形  

10歳まで 無症状だったクンが 12歳になって初めて MRI検査してないので

確定ではないが そうらしいって言われるとは思ってもみなかったことなので 

今一度まとめ。 



「キアリ様奇形」とは 

小脳扁桃が脊柱管内に陥入してしまう奇形で、「偽小脳ヘルニア」とも呼ばれています。

水頭症や脊髄空洞症といった脳疾患を併発することもあります。

犬種はキャバリア・キングチャールズスパニエルに圧倒的に多いといわれており、

キャバリア・キングチャールズスパニエルの7~8割は、臨床症状はないのですが、

キアリ奇形をもっていると言われています。

奇形疾患は比較的若齢時での発症・診断が多いと言われておりますが、

この病気は比較的中齢(5~6歳)に診断されることが多いそうです。

臨床症状として、発作・斜頚・前肢の軽度不全麻痺~四肢不全麻痺・知覚過敏・

側湾症(背骨を曲げる)などの一般的な神経症状がみられることもありますが、

特徴的な症状として皮膚病変がないにも関わらず頚部を

異常にひっかく行動がみられ、ひどくなると頚部痛をおこすとも言われています。

診断は主にMRI検査になり、治療は内科的にお薬で付き合っていく方法と

外科的治療があります。 <とある病院の抜粋>  






555頭のキングチャールズスパニエルの単一集団で、脊髄空洞症の有病率を調査した。

脊髄空洞症の臨床症状がないとオーナーが証言する全ての犬で、

その疾患の有無を判定するためMRIを実施した。

脊髄空洞症の有病率に対する性別および年齢の影響を判定するために、

データをロジスティック回帰で分析した。加齢のみに有意な影響があることが分かった。

脊髄空洞症の有病率は12ヶ月齢の犬で25%、72ヶ月齢以上の犬で70%の

ピークに増加した。(Sato訳)  <V-magazineより引用>





中齢期での確定診断sign01 無症状のまま 生涯を終える場合もありそうな現実が

逆に 怖い気がする。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カニ江

Author:カニ江

いつまでも一緒だよ
ゆっくりゆっくり
つぶやき
最新記事
キャバブログ大集合
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク