カニ江メモ(ANP検査結果)

外部検査:

心房性ナトリウム利尿ペプチド(Atrial natriuretic peptide:ANP)

シオンの結果: 23.6 pg/ml  基準値  犬< 30.0 pg/ml

** シオンは 初めての検査でしたが 現時点では 心臓への負荷はないだろうとの

結果でした。 


<モノリス コピペ>
臨床的意義:

ANP(心房性ナトリウム利尿ペプチド)は、利尿作用をもつペプチドである。
主に心房でproANPとして生合成・貯蔵される。

心筋伸展刺激に応じて分泌され、分泌時に生理活性を持つANPと

生理活性を持たないNt-proANPに切断分離される。ヒトでは、心不全状態になると、

心房と心室の生合成の割合はほぼ同等になる(心室で生合成されるANPは貯蔵されず、

直ちに分泌されることがわかっている)。腎臓尿細管上皮細胞に対するNa利尿効果、

血管平滑筋に対する血管拡張作用、レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系の作用

(細動脈収縮作用、飲水量増加作用、Na保持性血液量増加作用など)に対して

ANPは拮抗作用を有し、血管拡張および血圧降下を生じる。また心臓の線維芽細胞増殖に

対する抑制作用もANPは有しており、心筋のリモデリングを抑制する効果もある。

ヒトにおいてはBNPあるいはNT-proBNPが、ANPに比べて心臓の病態を良く反映していると

報告されているが、イヌではISACHCⅠ群においてANPがNT-proBNPより

僧帽弁閉鎖不全症(MR)の病態を良く反映することがわかった。

MR罹患犬の早期発見によって、適切な投薬、あるいは手術等の早期治療介入が可能となり、

余命の長期延長が期待できる。

カニ江メモ(ちょっと気になる)


週刊V-magazineより ちょっと気になったので コピペ 


■心不全と慢性の僧帽弁閉鎖不全症の犬における犬膵特異的リパーゼ濃度
Canine Pancreatic-Specific Lipase Concentrations in Dogs with Heart Failure and Chronic Mitral Valvular Insufficiency.
J Vet Intern Med. 2015 Jan 14. doi: 10.1111/jvim.12521.
Han D, Choi R, Hyun C.

背景 慢性の僧帽弁閉鎖不全症(CMVI)は非常に多く、うっ血や組織灌流の低下の臨床症状を起こす。

仮説 CMVIから生じる組織低灌流によって、血清犬膵特異的リパーゼ濃度によって明らかとなる膵炎を犬に引き起こす。

動物 CMVIから生じる心不全の異なるステージの40頭の犬と22頭の年齢がマッチした健常犬の計62頭の飼い犬で、完全な心臓の検査と通常の検査室の検査に基づいた。

方法 前向き対照観察研究。血清犬膵特異的リパーゼ免疫活性(cPLI)濃度は、健常群とCMVI群において定量的なcPLI検査によって測定した。

結果 血清cPLI濃度は、健常群では54.0 μg/L(IQR: 38.0-78.8 μg/L)で、ISACHC I、ISACHC II、ISACHC IIIではそれぞれ55.0 μg/L(IQR: 38.3-88.8 μg/L)、115.0 μg/L(IQR: 45.0-179.0 μg/L)、223.0 μg/L(IQR: 119.5-817.5 μg/L)、であった。血清cPLIとの密接な相関が、左房大動脈比(LA/Ao)比(r = 0.597; P = .000)および心不全の重症度(r = 0.530; P = .000)に認められた。

結果と臨床的意義 本研究は、CMVIがCMVIによって引き起こされるうっ血性心不全における膵臓の傷害と関連していることを明らかにした。そのため、心不全の犬をモニターするのに、cPLIを間欠的に測定することは有用である。(Dr.Taku訳)
プロフィール

カニ江

Author:カニ江

いつまでも一緒だよ
ゆっくりゆっくり
つぶやき
最新記事
キャバブログ大集合
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク