カニ江メモ(アルブミン&リパーゼ)

クンのワクチンついでに 先日の血液検査結果を聞きにいってきました。 

ちなみに ワクチンは6種混合 本来なら 3種ぐらいでイイのですがね  

血液検査で 気になるのが

アルブミン(Alb)  参考基準値 2.8-3.9  結果 2.4  低 

HCT,HGB,MCV,MCH 低値    貧血傾向   

PLT(血小板数) 基準値 148-484  結果 42  低

 *カウントもれは考えにくい 

リパーゼ(Lip) 参考基準値 137-721  結果 972  高   

犬膵特異的リパーゼ 参考基準値 ˂200  結果 827  高



2011.6   急性膵炎?  

        経過からして クンの場合は 慢性膵炎の急性憎悪 

       犬膵特異的リパーゼ 679 まで 検査  

       慢性膵炎にしても 数値が高過ぎるが 日常生活に 全く問題なし

       吐くこともなく 食欲モリモリ

2012.11  またもや 慢性膵炎の急性憎悪

補液には 前回より長く通う。血液に黄疸 

        しばし 薬の服用はしなかったが ココ2ヶ月 お薬服用 

        その間 日常生活に問題なし。吐くことなく 食欲モリモリ 

        更に うんにょの状態も 以前の軟便傾向から 脱却  

しか~し  

     結果は  827      1,000以上で測定不能



高過ぎる どういうことなんだ   ヨノナカハ ハカリシレナイ コトバカリ 

低脂肪生活を継続し オヤツと言えば 炭水化物 

食欲モリモリ うんにょも ご立派 な の に ね 

カニ江メモ(慢性膵炎と急性膵炎)

<慢性膵炎と急性膵炎は違う?>

急性膵炎が慢性化したものと思われがちな慢性膵炎ですが、

基本的にこれらは全く異なる病気です。

一口に言えば、膵臓から分泌される消化酵素により膵臓自体が

消化される病気が急性膵炎です。

それに対し、膵臓に慢性の炎症が生じて細胞が線維化することで

膵臓機能が低下する病気を慢性膵炎といいます。

慢性膵炎は長い時間をかけて進行していく病気で、膵臓の細胞や組織が

破壊され、正常な細胞は固い繊維状に変化していく症状が起こります。

急性膵炎では、何の障害も残さず殆どが治癒できますが、慢性膵炎を

起こし線維化した細胞は元に戻ることはなく機能を失います。

慢性膵炎の原因として、小さな急性膵炎を局所的にあちこち起こし炎症となり、

やがて治癒し、その後線維化する、といったサイクルを繰り返し、最終的に

膵臓全体に変化が広がると考えられています。


慢性膵炎と急性膵炎は 異なる病気ではあるが 密接な関係もあるのは事実。

カニ江メモ(急性膵炎?)

忘れっぽい性格の為 ツイッターでは 経過を アップしていましたが 

ブログで まとめ。

6月26日(日)の夕ゴハンから 急に 食欲不振になったクンさん 

その後も たまに 吐いたり、水便だったりと 不調 

月曜日から 毎日 皮下輸液に 通っていたが 食欲戻らず。

アジソン発症時も 吐きたそうで 吐かないってことは あったけど

実際 吐くことは その時でさえなかった。なのに 頻度は 少ないが 

吐くって行為に 尋常じゃない感じがしたワタシ  

水曜日の通院時 膵炎の疑いはないのか?と 疑問を 投げかけ

担当医曰く 急性膵炎の症状としては 軽いように思うが あらゆる可能性を

消去して 見極めることで 意見が 一致 検査に 至ったのです。 

でもね その翌日から 急に ゴハンを 食べ始め 夜には ほぼ 復活したので

膵炎検査(¥15,000) ちょっと 痛い出費になったかな~って 実は

思っていたの 

がっ  

金曜日に 担当医から 連絡があり 結果は 

犬トリプシン様免疫活性  

   参考基準値 8.0-43.6        50以上測定不能

犬膵特異的リパーゼ    

   参考基準値 200以下        1000以上測定不能 

   

急性膵炎って 診断でした。 未だ 原因は 特定出来ない病気だそうですが 

クンの場合 3年以上 副腎皮質ホルモンの服用、気になると言えば 1週間程

利尿剤を 服用していたなどの薬剤も 考えられなくもないが 以前にも 

利尿剤の服用は していたし??? 今頃 副腎皮質ホルモン??? 

脂肪分の高い 食生活ってのも??? デカキャバだけど 肥満ではないし??? 

シニアって言えば シニアだけど まだ 11歳だし???

結局 何で 急性膵炎になったのかは わからず仕舞いですが 大切なのは 今後 

    慢性膵炎に ならないこと    

2週間程 薬を服用 食生活にも気をつけて 再検査。   

ご心配を ひじょーに お掛けいたしましたが 

本犬としては 既に 完全復活なので こんな感じで 不満タラタラなの

クンを 満足させつつ 体調管理 責任は 重い  頑張りまっす。
プロフィール

カニ江

Author:カニ江

いつまでも一緒だよ
ゆっくりゆっくり
つぶやき
最新記事
キャバブログ大集合
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク