カニ江メモ(アジソン病)

気になるレポートがあると読むようにしている モノリス通信 

クンが 8ちゃいの時に アジソン病を発症したので   参考にしていました。

難解なトコもありますが 読んでみてください。  

スタンプーさん等は 遺伝的要素があるらしいアジソン病。実は キャバリアも 

好発犬種のようですので クン亡き後ですが ご参考まで。 

ACTH刺激検査をすれば 電解質バランスが 正常であっても 

アジソン病か否かの確定診断が可能かと思われます。

クンは 発症時から電解質バランスが崩れなかった 非典型アジソン病でした。

確定診断に至るまでは 結構 日数が掛かった上に 食欲が戻るまでに 

3キロ近く体重が 減った記憶がsweat01 

クンのキッカケは その当時 主食だった 生肉を 拒絶するようになったこと。

ゴハンを 用意し始めると隠れる。無理に食べさそうとすると 震えたの

下痢、嘔吐はなかったなぁ。

ステロイド長期服用の副作用は ちょこちょこありましたが、アジソン病は 

仲良く出来る病気だと思います。非典型だったから言えるってこともありますが。 

それと ACTH刺激検査ですが 何度もする必要はないと思います。

ワタシも 最初はわからなかったので 担当医の言われるまま 度々 

検査をしていたのですが セカンドオピニオンで 訪れた病院で 出ないもんは

出ないsign03 何のためにやるんだって キッパリ言われてからは 電解質バランスの

確認の為 通常の血液検査はしていましたが ACTH刺激検査は しませんでした。



リンク内容で 改めて 読んでみて へーってトコがあったので その部分を キリトリ 

”非典型的アジソン病患者、もしくは続発性副腎皮質機能低下症の患者では、

血液中の電解質濃度は 正常範囲に収まっている。他の臨床病理学的所見は

典型的アジソン病患者群で見られるそれに類似しているが、典型的アジソン病患者群に

比べて非典型的アジソン病患者群と続発性副腎皮質機能低下症の患者群の方に、

軽度の貧血、低アルブミン血症、低コレステロール血症の発症がより多く見られた。” 



最後に 

あくまでも なんとなくなんですが、後肢が 普通に立っている状態で 

小刻みに震え、その原因が 不明で あるならば 1度 内分泌系の病気を

疑った方が良いのかな?と。

クンは アジソン発症頃から 後肢が震えることが 度々あったので 
プロフィール

カニ江

Author:カニ江

いつまでも一緒だよ
ゆっくりゆっくり
つぶやき
最新記事
キャバブログ大集合
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク